DHAとEPAは何にいい?

名前の由来は?

DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸というのが正式名称なわけですが、これを覚えるのも難しいですし、とても複雑な名前で、難しい成分なんだと思われがちです。でも、成分がもたらすものは前の章でも簡単に説明をしましたが、そこまで難しいものではありません

これらの正式名称は化学的なものであって、成分の化学式などから名前が付けられています。それに対して、どのような要素かを説明する時にはわかりやすい説明になっているということです。

また、難しい名称であるだけで名前を覚えようとは思わないわけですが、よく知られているDHA、EPAという略称があることによって、わかりやすくなり、説明もわかりやすくなっているのです。もちろん、化学的なことを覚える必要はありませんが、どういった効果が出るかくらいは理解してもらいたいと思います。ちなみに効果については、Webサイトなどから見つけることができますので、調べていただきたいと思います。

そして、DHAとEPAという略称になっているのは、それぞれの名称を英語にしたからです。略称というものはほかのものでも、正式名称はわからなくても、その内容はわかりやすいのがよくあると感じます。実は結構有名なものでも、略称であったりするものも多いわけですから、あまり気にしなくてもいいのではないでしょうか。いずれにしても、健康のために必要なものということは最低でも覚えましょう

ニキビ跡が気になって仕方ありません

DHAは頭にいい?

DHAは頭にいいと言われておりますが、それは脳にいい影響を与えるといわれております。特に記憶力、認知症、脳疾患といったところには一定の効果があるといわれております。さらにほかの病気にも改善、予防をすることができるということもありますから、EPAと合わせて摂っていただきたいと思います。

どちらも魚から摂取できる、ほぼ同じ魚から摂取することができるわけですから、どちらの成分も摂取することができるはずなのです。

また、DHAやEPAについて、最近摂らなければならないと思っていても、魚を食べることができない、サプリメントも買うことができないということで、ちゃんと摂取できている方はまだまだこれからという感じなのではないかというように思います。とにかく、今いちばん大きなところでは、認知症になりにくくなるというのはあるかもしれません。人間は年齢を経ますと、どうしても記憶力も鈍りますし、脳自体も空洞ができたような状態になりやすくあります。

そして、DHAを摂るということは、頭を使う仕事の方にも必要なもので、クリエイターやデザイン、設計を行っている方にとっては重要な成分であるということです

頭を使うということで、摂取するだけでは何の効果がありませんが、摂取して勉強や資料作成などを行うことによって効果を発揮するのです。つまり、覚えがよくなり、忘れにくくなるということです。EPAについても、しっかりと摂取していくことができれば、血液がサラサラとなりますので、合わせて摂取するといいのです。

デリケートゾーンの黒ずみ解消を目指しています

EPAは血液サラサラに

EPAは主に血液がサラサラになるといわれております。それによって、心筋梗塞や脳梗塞になりにくくなると考えられます。

血圧が上がることを抑えることができるというのは血液がサラサラになるからだと考えられます。先ほども述べましたが、DHAと一緒に摂取することができますので、いろんな意味でも生活習慣病を抑えるのにはとても有効な成分であるといえます。誰でも健康で少しでも長生きをしたいと思うはずですので、摂取していただきたいと思います。

また、EPAはDHAと同じように魚から摂取することができるわけですが、1日の摂取量をとろうとしますと、魚を多く食べなければならないということでどうしても食べられなくなります。それは歳をとっていきますと、顕著になっていきますから、サプリメントを服用して必要な摂取量を摂るようにしていただけるといいのではないでしょうか。

 DHA,EPA,効果

大きな病気にならないことはとても重要なことだと思いますので、栄養のバランスを考えながら、自分が無理なく食べられる程度の食事とサプリメントで元気になってもらいたいものです。

そして、EPAで血管がつまらないようにして、DHAで脳を活性化させて、歳をとっても自分で考えて行動ができる体を維持することを心がけていただき、長生きしていただきたいものです。いずれにしましても、元気な体を作るための成分であり、国もこれらの摂取を推進していますから、毎日どのような形でもいいですので、摂取していきましょう。

乳輪の黒ずみは、クリームが有効です